« 「染めの型紙展」 | トップページ | 映画「内部被ばくを生き抜く」鎌仲監督のトークの時間変更 »

2012年6月17日 (日)

染めの型紙展 江戸期から明治初期




皆様、6月17日()からのギャラリー古藤(ふるとう)の展覧会をお知らせします。

*********************************************************************

 

染めの型紙展

熊谷博人コレクション

江戸期から明治初期

6月17日()~7月1日()

12001900 最終日は1700まで

期間中無休

 

この度、ギャラリー古藤では1周年を記念して、2012年6月17日(日)から71日(日)までの15日間、熊谷博人コレクション「染めの型紙展 江戸期から明治初期」を開催いたします。

 

 「型染め」が急速に発展したのは、武士の裃の文様染めからといわれています。武士の間では、各藩が独自の柄を独占するようになり、「定め小紋」といわれる文様を競い合って染めたほどです。江戸の後期になると、一般民衆にも小紋染めが普及し始めました。この小紋染めの文様を彫った型紙を総称して「伊勢型」といいます。型紙には細かいものでは、一寸(約3センチ)四方に900もの穴が彫られているものもあります。文様は吉祥的なものを中心に動植物、年中行事、語呂合わせなど、あらゆるものが素材となり、世界に類を見ない豊富さがあります。最近になり、江戸時代の日本の染め型紙が、ヨーロッパの工芸や芸術に影響を与えていたことが見直されています。今回の展示は、40点余ですが、多くの方々にご来場いただき、その一部を感じ取っていただければ幸いと思っております。

 

 熊谷氏は617()23日(土)24日(日)71日(日)に在廊しています。623日(土)1400~トークショー、1600~ささやかなパーティーを開催、

 

  なお、会期中 伊勢形紙協同組合、染めの里二葉苑などから出品いただいた染めもののペンダント、しおり、ハンカチーフなど型紙関連の小物を展示販売いたします。

 

 また、「桃山から江戸期の古陶磁展」を同時開催いたします。あわせてご覧ください。

 

************************************************************

 

ギャラリー古藤(ふるとう)

 

176-0006東京都練馬区栄町9-16

 

Tel .03-3948-5328 fwge7555@mb.infoweb.ne.jpURL: http://furuto.art.coocan.jp

西武池袋線江古田駅南口 徒歩5分 千川通り沿い、武蔵大学斜め前


Img_8803_640x427_2


Img_8804_640x427_2



Img_8806_640x427

Img_8807_640x427_3


皆さまの応援のポチッをよろしくお願い致します!  ↓↓↓ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ
にほんブログ村

« 「染めの型紙展」 | トップページ | 映画「内部被ばくを生き抜く」鎌仲監督のトークの時間変更 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 染めの型紙展 江戸期から明治初期:

« 「染めの型紙展」 | トップページ | 映画「内部被ばくを生き抜く」鎌仲監督のトークの時間変更 »

無料ブログはココログ

twitter

  • twitter
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ