« 中国に置き去りにされた朝鮮人「慰安婦」 | トップページ | 憲法学者 奥平康弘さんのトーク »

2012年9月 8日 (土)

三井マリ子さんのトーク

9月7日、ギャラリー古藤において、館長雇止め・バックラッシュ裁判元原告 三井マリ子さんのトークが「ニコン写真展を中止しようとしたのは誰か」のテーマで行われました。まず、東京都議を2期務めたあと豊中市の男女共同参画センターの初代館長に公募で選ばれたが、男女共同参画に異を唱える地方議員の圧力により館長の職を奪われることになり、そのことを巡っての裁判で昨年最高裁判決で勝利されたとの紹介がなされました。

三井さんは、まず、私を排除したものと安世鴻さんの写真展を中止しようとした背後にあるものを理解していただくために、毎日放送のテレビがまとめた「なぜ?男女共同参画 バッシングの嵐」の映像を上映。その後、ターゲットを定めて徹底的に組織的に音をあげるまでいやがらせを続けること。裁判を通じて司令塔の存在が分かったこと。男女共同参画社会についての執拗なデマ宣伝。圧力団体「教育再生地方議員百人と市民の会」等々のお話がなされました。

Img_9302_800x539

皆さまの応援のポチッをよろしくお願い致します!  ↓↓↓ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ
にほんブログ村

« 中国に置き去りにされた朝鮮人「慰安婦」 | トップページ | 憲法学者 奥平康弘さんのトーク »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三井マリ子さんのトーク:

« 中国に置き去りにされた朝鮮人「慰安婦」 | トップページ | 憲法学者 奥平康弘さんのトーク »

無料ブログはココログ

twitter

  • twitter
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ