« 文化放送で写真展「吉田ルイ子の世界」が紹介されました | トップページ | 安世鴻「日本軍慰安婦」写真展の忘年会 »

2012年12月22日 (土)

ライブ・トーク「写真を撮るということ」写真家・長倉洋海

1222日(土)ギャラリー古藤において写真展「吉田ルイ子の世界」

ライブ・トーク「写真を撮るということ」が行われました。講師は写真家の長倉洋海氏、司会進行は新聞記者の城島徹氏。

長倉さんは吉田ルイ子さんと同じ北海道生まれであること。同志社大探検部でカメラを始める。通信社に3年勤務。戦場カメラマンをめざしていたことなどの紹介のあと、トークは、長倉さんは1982年、エルサルバドルでフォトジャーナリストの一歩を踏み出した、と。数年後、エルサルバドルでルイ子さんとばったり出くわしたエピソードなどが紹介されました。中南米ではルイ子さんはニカラグアも撮っていますが、二人とも中東やアフリカ、アフガニスタンなど、取材で重なるエリアがあり、フォトジャーナリストとしての長倉さんの「目」と吉田さんの「目」について子どもへの視線など共通点があることが紹介されました。

 また、アパルトヘイト廃止直後の南アフリカでのことについては、会場に津山直子さんからもお話がなされました。

休憩を挟んだ第2部では「ハーレムの熱い日々」を企画、編集して吉田ルイ子さんを世に送り出す仕事をした“陰のキーパーソン”の石川公枝さんから最近の吉田ルイ子さんの様子や様々なエピソードが披露されました。また、ルイ子さんのジミー・クリフなどレゲエ関連の写真に触発されてミュージシャンを撮る写真家になった石田昌隆さん。ルイ子さんと長倉さんに10代のころからあこがれ、報道写真家になった渋谷敦志さんのお話も挟んでのフォトジャーナリストとはどんな仕事などの長倉さんのトークが繰り広げられました。Img_0452_440x256


Img_0469_440x305

Img_0465_440x290

皆さまの応援のポチッをよろしくお願い致します!  ↓↓↓ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中野区情報へ
にほんブログ村
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

« 文化放送で写真展「吉田ルイ子の世界」が紹介されました | トップページ | 安世鴻「日本軍慰安婦」写真展の忘年会 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライブ・トーク「写真を撮るということ」写真家・長倉洋海:

« 文化放送で写真展「吉田ルイ子の世界」が紹介されました | トップページ | 安世鴻「日本軍慰安婦」写真展の忘年会 »

無料ブログはココログ

twitter

  • twitter
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ