« テノール&ヴァイオリン デュオコンサート | トップページ | クライマックスparty »

2013年12月12日 (木)

ガタロ絵画展

ガタロ絵画展

ヒロシマ 美しき清掃の具

 NHK ETV特集「ガタロさんが描く町」で大反響

             東京・横浜で連続開催

汚れたものをきれいにしてくれる

愛すべき道具たち

ヒロシマの清掃員画家

ガタロさんの澄んだまなざし

 1 期日 ギャラリー古藤 東京会場

2014114日(火)から127日(月) 会期中無休

     午前1130分から午後700

     スペース ナナ 横浜会場

 2014129日(水)から29日(日) 

23日(月)24日(火)休廊

     午前1100分から午後600

2 会場 ギャラリー古藤(ふるとう) 東京都練馬区栄町9-16

     電話 0339485328 定員40名  fwge7555@mb.infoweb.ne.jp

      スペース ナナ 横浜市青葉区あざみ野1-21-11

     電話 045-482-6717 定員25 event@spacenana.com

 

3 ギャラリートーク

117日(金)1819時 中間英敏(NHKプラネットディレクター )

「ガタロさんが描く町」制作

118日(土)1718時 ガタロ×永田浩三(武蔵大学教授)

スペシャルトーク

119日(日)1415 田島征三(絵本作家)×ガタロ×永田浩三

123日(木)1819時 代島治彦(映画「アウトサイダーアート」監督 )

 125日(土)1718時 市田真理(第五福竜丸展示館学芸員 )

126日(日)17時半―18時半 岡村幸宣(丸木美術館学芸員 )

21日(土)1718時 ガタロ×永田浩三(武蔵大学教授)

22日(日)1415時 ガタロ×永田浩三(武蔵大学教授)

ギャラリートークのご予約は、各会場まで、お電話またはメールで

 

4 展示内容 

  清掃道具の絵、原爆ドームの絵、S氏の絵、オブジェなど60余点を展示

 5 入場料 300円(小・中学生無料)

(トークイベントのある時は絵のみの鑑賞はできません)

   ギャラリートーク参加費(入場料含む) 1000

広島市の中心部にある市営基町アパートそこの商店街をひとりで掃除してきたのが

画家のガタロさん64歳。ガタロさんは自ら使う雑巾やモップを描く。汚れて汚れても周囲をみがき、あかるくきれいにする。そのひとつひとつが絵の中で輝く。ガタロさんはヒロシマの被爆2世。365日欠かさず原爆ドームを描きつづけたこともある。

ガタロさんの人生と絵のすばらしさは2013ETV特集「ガタロさんが描く町」で大きな反響をよびおこした。

愛すべき掃除の道具、商店街で友人となったホームレスのSさん、原爆ドームのさまざまな顔。福島第1原発事故を受けての最新作やオブジェなど60余点を展示。東京と横浜で初めての作品展。その温かく深いまなざしにふれていただければと思います。

 6 主催 ガタロ絵画展実行委員会

Gatro
Photo

 

ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけますように、練馬区情報をクリックしてくださるようお願いいたします。 ↓↓↓ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中野区情報へ
にほんブログ村
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

« テノール&ヴァイオリン デュオコンサート | トップページ | クライマックスparty »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガタロ絵画展:

« テノール&ヴァイオリン デュオコンサート | トップページ | クライマックスparty »

無料ブログはココログ

twitter

  • twitter
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ