« 生活と家族の記録を考える | トップページ | ヨシミツギタークラブ発表会 »

2016年1月16日 (土)

第5回 江古田映画祭―3・11 福島を忘れない―

5回 江古田映画祭―3・11 福島を忘れない―

2016227()から始まります313()まで

予約申し込み受け付けしています。

メールアドレス fwge7555@mb.infoweb.ne.jp

電話 0339485328へお願いします。

 

5回 江古田映画祭―3・11 福島を忘れない―

おかげさまで5回目を迎えました。今回も私たちは、福島原発事故をひきつづき考えるために、メインテーマを「311福島を忘れない」としました。自信の作品をラインナップしています。監督等のトークと企画展示も充実させました。どうぞ何回でもお越しください。

 

 ◇2016227() 会場 武蔵大学 〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1

 1号館地下1002シアター教室 

1300~「パンドラの約束」 ロバート・ストーン監督 2013年年 87分 入場料500

化石燃料に代わる唯一のエネルギー源が原子力であると説く問題作。

https://www.youtube.com/watch?v=AgqvbILWN6c

 

1440 常石敬一神奈川大学名誉教授のトーク

1630 オープニングパーティー 参加費500円 

 

228()13() 会場 ギャラリー古藤 〒176-0006 東京都練馬区栄町9-16

  江古田駅南口徒歩5分  武蔵大学正門斜向かい

[各回40名定員制 予約優先入場]

〇上映作品 (■は有料上映、★は無料上映) 

土徳流離~奥州相馬復興への悲願 青原さとし監督 2015年 200分 229日・33日上映

地震、大津波、原発事故に襲われた福島相双地方を舞台とする「真宗移民政策」の記憶。

https://www.youtube.com/watch?v=Z7Vd4hbuHJQ

■日本と原発4年後 河合弘之監督 2015年 138分 228日・37日上映

原発から見た現代日本、その第2弾。辣腕ビジネス弁護士から差し止め訴訟の最前線へ。

http://www.nihontogenpatsu.com/

■あいときぼうのまち 菅乃廣監督 2013年 126分 32日・4日・7日上映

原子力政策に70年に渡って翻弄された、福島の一家族四世代の物語。今映画祭唯一の劇映画。

http://www.u-picc.com/aitokibou/

■小さき声のカノン 鎌仲ひとみ監督 2014年 119分 35日・13日上映

日本のお母さんたちが自分たちの意志で動き始め、小さな声が、国境を越えて響き始める。

https://www.youtube.com/watch?v=Wie--OFItJw

zone 存在しなかった命 北田直俊監督 2013年 117分 34日・6日・11日上映

警戒区域に置き去りにされた無数の動物たち。「命」を救うべく闘い続ける人々を活写する。

https://www.youtube.com/watch?v=yo3apDNq3EY

■ニッポンの嘘 長谷川三郎監督 2012年 114分 310日・11日・12日上映

反骨を貫き、カメラを通して真実を伝えた報道写真家福島菊次郎、その凄絶な人生。

https://www.youtube.com/watch?v=3MklEqq-qqY

■首相官邸の前で 小熊英二監督 2015年 109分 33日・9日・12日上映

原発事故の恐怖、運動の台頭、首相との会談までを、元首相を含む8人のインタビューで構成。

https://www.youtube.com/watch?v=EFjsarBPAZ8

■鉱毒悲歌 蘇る「鉱毒悲歌」制作委員会 2014年 103分 229日・31日上映

足尾銅山鉱毒事件の田中正造の闘いと、鉱毒に追われた人々と風景の貴重な記録である。

https://www.youtube.com/watch?v=QLz6rexcpf8

■種まきうさぎ~フクシマに向き合う青春 森康行監督 2015年 87分 36日・8日・10日上映

福島の高校生たちが震災と現地の姿を知ってほしいと全国の高校生・若者に呼びかけた。

https://www.youtube.com/watch?v=8MosCzjwpoQ

■いわきノート 筑波大学2013年度在学生 2014年 86分 32日・8日・9日上映

福島の人たちの声を世界に届けるために、11名の大学生が丹念に取材を重ねたドキュメント。

https://www.youtube.com/watch?v=zYWEZ1iVnJU

■放射線を浴びたX年後2 伊東英朗監督 2015年 86分 31日・8日・13日上映

自ら調査を始めた被ばく漁船員の遺族、日本全土へと広がった放射性物質による土壌汚染の今。

https://www.youtube.com/watch?v=bE32QeTW3og

■わたしの、終わらない旅 坂田雅子監督 2014年 78分 31日・2日・9日上映

母と自身の想いを胸に、兵器と原発という二面性を持つ核エネルギーの歴史を辿る旅に出る。

https://www.youtube.com/watch?v=QuAWuNeckwM

■A2--C イアン・トーマス・アッシュ監督 2013年 71分 35日・6日・11日上映

A2」「B」「C」は、福島の子どもたちに発生した甲状腺の嚢胞や結節の検査状況を示す指標。

https://www.youtube.com/watch?v=Kp-AjFjjfUg

■春よこい 安孫子亘監督 2015年 65分 37日・10日・12日上映

地球温暖化、原発事故、消費社会。舞台は福島県金山町。奥会津のマタギ猪俣さんを追う。

https://www.youtube.com/watch?v=jIC_5pOa_fg

★武蔵大学永田ゼミ学生作品 大浦美蘭監督・永田ゼミ2年生 2015年 40+40

34日上映

「あの日から今日まで~浪江町の私たち一家の5年~」                        「埋もれた時限爆弾~さいたまアスベスト被害~」

★雄国発電所の歩み 会津電力() 2014年 8分 37日・10日・12日上映

再生可能エネルギーによる地域の自立をめざす会津電力()の短編ドキュメント。

https://www.youtube.com/watch?v=H4chBYK1WvQ

 

○スケジュール

227日(土) 武蔵大学 

13001427 パンドラの約束

 1440~ トークライブ 神奈川大学名誉教授 常石敬一

 1630~ オープニングパーティー 

228日(日)以降は、ギャラリー古藤 

13001518 日本と原発4年後

 1530~トークライブ 映画監督・弁護士 河合弘之

 17001918 日本と原発4年後 

229日(月) 

13001443 鉱毒悲歌 

 1500~ トークライブ 制作委員会委員長 谷 博之

 17302050 土徳流離~奥州相馬復興への悲願  

31日(火)

 13001418 わたしの、終わらない旅 

 1430 トークライブ 映画監督 坂田雅子

 16301756 放射線を浴びたX年後2  

  19002043 鉱毒悲歌  

32 (水)

 13001506 あいときぼうのまち 

 1515~ トークライブ 映画監督 菅乃 廣 

 17301856 いわきノート

 19302048 わたしの、終わらない旅   

33 (木)

 13001620 土徳流離~奥州相馬復興への悲願  

 1640~ トークライブ 映画監督 青原さとし

 18302019 首相官邸の前で 

34日(金)

 13001457 zone 存在しなかった命  

 1510~ トークライブ 映画監督 北田直俊

 1640~ 武蔵大学永田ゼミ作品(無料上映)

 19002106  あいときぼうのまち    

35日(土)

 13001459 小さき声のカノン 

 1510~ トークライブ 映画監督 鎌仲ひとみ

 16301829 小さき声のカノン

 19302041 A2--C  

36 (日)

 13001427 種まきうさぎ~フクシマに向き合う青春

 1440~ トークライブ 映画監督 森 康行 

16301827 zone 存在しなかった命

 19302041 A2--C  

37日(月)

 13001518 日本と原発4年後  

 1530~ トークライブ 弁護士・映画構成/監修 海渡雄一

 17001906 あいときぼうのまち 

19501958  雄国発電所の歩み 

20002105  春よこい

38日(火)

 13001426 放射線を浴びたX年後2 

 15301657 種まきうさぎ~フクシマに向き合う青春    

 18001926 いわきノート  

1940~ トークライブ 歌人 三原由起子 

39 (水)

 13001449 首相官邸の前で

 1510~ トークライブ ひなん生活を守る会 鴨下祐也

 17001818 わたしの、終わらない旅 

 19302056 いわきノート  

310日(木)

 13001308 雄国発電所の歩み

13101415 春よこい

 1430~ トークライブ 映画監督 安孫子 亘

 16301824 ニッポンの嘘 

 19302057 種まきうさぎ~フクシマに向き合う青春 

311日(金)

  13001454 ニッポンの嘘  

 1510~ トークライブ 映画監督 長谷川三郎 

17101821 A2--C 

 19002057 zone 存在しなかった命   

312日(土)

 13001449 首相官邸の前で 

 1510~ トークライブ 武蔵大学教授 永田浩三&SEALDs

 17001854 ニッポンの嘘  

 19301938 雄国発電所の歩み

19402045 春よこい

313日(日)

 13001426 放射線を浴びたX年後2   

 1440~ トークライブ 映画監督 伊東英朗 

 16401839 小さき声のカノン   

 

 

 店頭販売 福島の伝統工芸品の大堀相馬焼、パン教室のこだわりのパン、地元のはちみつマドレーヌ、素朴な味わいの焼菓子、岩手・宮城・福島の美味しい産品等々

 展示 郡山(絵手紙-あの日から5年やっぱり福島が好き)

浜通り南部写真展(つづき よしゆき)

福島こども保養プロジェクト@練馬

なかのアクション・福島子ども保養プロジェクト

○ 今年も選びます 江古田映画祭グランプリ 江古田映画祭観客賞 

 

○ 予約優先入場各回40名定員制

 ギャラリー古藤でのチケットは、電話・メールでの予約をお願いします。予約割引になっています。

映画1本(組)につき(短編は複数上映の場合あり)

[大人] 予約 1000円 当日 1200

(「パンドラの約束」は500円)

[大学生・高校生・ハンデのある方]800円(「パンドラの約束」は無料)

中学生以下無料

チケット3枚つづり 2,700

トークがある場合も上記料金に含まれます。

○お申込み

メールアドレス fwge7555@mb.infoweb.ne.jp

電話 0339485328 

ホームページは「ギャラリー古藤」で検索 http://furuto.art.coocan.jp

江古田映画祭facebookページ https://www.facebook.com/ekodaeigasai

古藤店主ブログhttp://furutotenshu.cocolog-nifty.com/blog/

古美術&ギャラリー古藤(ふるとう)https://www.facebook.com/kgfuruto

 

 

主催 江古田映画祭実行委員会

後援 練馬まちづくりセンター

 協力 ギャラリー水・土・木 「平井亘作品展」

  練馬区小竹町1-44-1 電話03-3955-2508

5

5_2









 

ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけますように、練馬区情報をクリックしてくださるようお願いいたします。 ↓↓↓ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中野区情報へ
にほんブログ村
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

« 生活と家族の記録を考える | トップページ | ヨシミツギタークラブ発表会 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577516/63077530

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回 江古田映画祭―3・11 福島を忘れない―:

« 生活と家族の記録を考える | トップページ | ヨシミツギタークラブ発表会 »

無料ブログはココログ

twitter

  • twitter
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ