« チェルノブイリからフクシマへ 風下の村 原画展 4月17日 | トップページ | 風下の村 原画展 朝日新聞朝刊に掲載されました »

2016年4月19日 (火)

原発ゼロで日本経済は再生する

ギャラリー古藤では昨年から原発に頼らなくてもいい社会をつくるためギャラリー古藤の屋上に太陽光パネルを設置することについて練馬グリーンエネルギーと協議をすすめていましたが、いよいよ実現することになりました。

そのことを記念する講演会を★ 426日(火)18:00~ 練馬区役所 B1多目的会議室で行います。

記念講演会 『原発ゼロで日本経済は再生する』 吉原毅氏(城南信用金庫相談役)【参加者募集!】

吉原毅氏プロフィール

昭和52年慶應義塾大学経済学部卒、同年城南信用金庫入職。理事・企画部長、常任理事、事務本部長、業務本部長、副理事長などを経て、平成22年に理事長就任。3.11以降、信用金庫界きっての論客として、太陽光発電などによるクリーンなエネルギーの導入を推進・実践した。

平成27年より城南信用金庫相談役、城南総合研究所長、明治学院大学客員教授

著書に、「信用金庫の力」(岩波ブックレット)、「城南信用金庫の『脱原発』宣言」(クレヨンハウス・ブックレット)、「原発ゼロで日本経済は再生する」(角川学芸出版)など。

 

58日(日)14:00~ ギャラリー古藤 出資者説明会 【参加者募集!】

512日(木)~17日(火) 設置工事

522日(日) 14:00~ ギャラリー古藤 点灯パーティー 【追って参加者を募集します】

ギャラリー古藤 市民発電所(仮称)の 寄付&出資を募集します。

~一緒に市民発電所をつくりませんか!~  チラシダウンロード寄付&出資について_v11

次の世代のため、脱原発&地球温暖化防止の促進に向けて一緒にギャラリー古藤に太陽光パネルを設置しませんか?出資や寄付などを通じて、どなたでも「市民発電所」づくりに参加できます。

市民発電所とは?

「自分の住む地域で、いま自分にできることから始めよう!」と考える市民が集まり、資金、知恵、労力を集めて、市民や地域主導でつくる、自然エネルギーによる発電所です。
ご自分の家に太陽光パネルを付けることが難しい方も、市民発電所を通じて、自然エネルギーづくりに参加することができます。

『(仮称)ギャラリー古藤市民発電所』とは?

ギャラリー古藤の屋上に、太陽光パネル(5.856kW)を設置し太陽光で電気をつくります。

太陽光でつくられた電気は、ギャラリー古藤で開催するイベントで使われます。
ギャラリー古藤で使われなかった電気は、電力会社に販売され送電網を通じて近隣に供給されます。
(非常災害時には、近隣の方々の携帯電話充電などにお使いいただくことを検討しております。)

ギャラリー古藤に太陽光パネルを設置する費用は、ご賛同頂いた方々からの寄付と出資でまかないます。

出資金は、ギャラリー古藤が支払うリース料を原資に10年間で返還する予定です(無配当、元本保証無し)。

 

ご参加いただける方は、以下までご連絡ください。

nerimagreen@gmail.com




Img014

Img015_3


Img016

ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけますように、練馬区情報をクリックしてくださるようお願いいたします。 ↓↓↓ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中野区情報へ
にほんブログ村
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

« チェルノブイリからフクシマへ 風下の村 原画展 4月17日 | トップページ | 風下の村 原画展 朝日新聞朝刊に掲載されました »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577516/63508327

この記事へのトラックバック一覧です: 原発ゼロで日本経済は再生する:

« チェルノブイリからフクシマへ 風下の村 原画展 4月17日 | トップページ | 風下の村 原画展 朝日新聞朝刊に掲載されました »

無料ブログはココログ

twitter

  • twitter
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ