« 神田香織「チェルノブイリとふるさと福島」 | トップページ | アーサー・ビナード「絵は口ほどに物を言う?」 »

2016年4月22日 (金)

岡村幸宣「見えないものを見えるように——核被害を描く絵画

チェルノブイリからフクシマへ

風下の村 原画展 ―――貝原浩が遺したチェルノブイリ・スケッチ&トーク

 

4月21日(19:00ギャラリー古藤で トークイベント 岡村幸宣「見えないものを見えるように——核被害を描く絵画」が行われました。

Img_8599
Img_8605

ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけますように、練馬区情報をクリックしてくださるようお願いいたします。 ↓↓↓ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中野区情報へ
にほんブログ村
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

« 神田香織「チェルノブイリとふるさと福島」 | トップページ | アーサー・ビナード「絵は口ほどに物を言う?」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577516/63520630

この記事へのトラックバック一覧です: 岡村幸宣「見えないものを見えるように——核被害を描く絵画:

« 神田香織「チェルノブイリとふるさと福島」 | トップページ | アーサー・ビナード「絵は口ほどに物を言う?」 »

無料ブログはココログ

twitter

  • twitter
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ