« ミニコンサートが行われました | トップページ | 折口信夫作「死者の書」の朗読会 »

2017年4月28日 (金)

「がんを育てた男」「いのちを楽しむ〜容子とがんの2年間」上映会

「がんを育てた男」「いのちを楽しむ〜容子とがんの2年間」上映会

13時〜第一回『いのちを楽しむ』『がんを育てた男』上映とトークイベント、17時〜第二回『いのちを楽しむ』『がんを育てた男』上映とトークイベント。

2017513日(土)

会場 ギャラリー古藤

料金 当日1200円のところ1000円になります。

なお問合せは TEL 03-3530-8588 ビデオプレスまでお寄せください。

 

『がんを育てた男』(慶応医大のがん治療の惨憺たる病室に勤務して、教授になって改革するのは困難だと出世を諦めて、その医学界と薬剤会社と厚労省が作るがんワールドの犯罪的様態を患者に向かって数十年も啓蒙してしてきた近藤誠。がんを「育てて見てはどうか」とは近藤誠の診たてである。それが映画のタイトルとなっている。自分の命なんだから、がんであろうがなんだろうが、沢山勉強して自分の頭で考えて自分でその治療法を自分で主体的に選ぶ。そんな当たり前のことができない我が国のがんワールドは真実や誠実や患者のための治療など一切ない、グロテスクな世界である。おそらく映画はそこをくっきり映し出すだろう。

「いのちを楽しむ〜容子とがんの2年間」

渡辺容子さんは20103月、近藤医師から「余命1年」を宣告されたが、ホルモン剤の効果で元気を取り戻す。“表現ライブ”でのがん患者同士の対談、生前追悼集の発行、友だちとの交流、自然の触れあいを求めての小笠原旅行。そして脱原発にも声を上げた。猫と一緒に、一日一日をしっかりと歩きつづけた。

 

しかし、がんの骨転移は、ひそかに進行していた。2011 秋には痛みが出はじめ、年末には放射線治療を開始する。自由に動けなくなった容子さんに、病院への送り迎え、食事の世話など、友人、知人のサポートの輪が 広がる。そして訪れた最期の日・・・。数ヵ月後、容子さんの遺骨は遺言どおり生まれ故郷の福島県川俣町の牧場に散骨された。

予約は

https://videopress.jimdo.com/yoyaku/

Img096


Img095

ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけますように、練馬区情報をクリックしてくださるようお願いいたします。 ↓↓↓ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中野区情報へ
にほんブログ村
美術館・ギャラリー ブログランキングへ

« ミニコンサートが行われました | トップページ | 折口信夫作「死者の書」の朗読会 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

Started unusual cobweb stand out
http://titties.picrobot.xyz/?entry.dayana
ginger jones fat porn star riley winter website of porn star college gay porn corbin 80s porn star blaze full length 90 s porn movies

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577516/65208605

この記事へのトラックバック一覧です: 「がんを育てた男」「いのちを楽しむ〜容子とがんの2年間」上映会:

« ミニコンサートが行われました | トップページ | 折口信夫作「死者の書」の朗読会 »

無料ブログはココログ

twitter

  • twitter
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ