« 2020年2月 | トップページ

2020年3月

2020年3月 9日 (月)

ドキュメンタリー映画「『棘』-ひとの痛みは己の痛み。武建一 ―幾千万人の誇りを掲げ 闘う男の肖像」上映会

ドキュメンタリー映画「『棘』-ひとの痛みは己の痛み。武建一 ―幾千万人の誇りを掲げ 闘う男の肖像」
上映会
4月18日(土)ギャラリー古藤
14:00 第1回上映開始(開場13:00)
15:20~トーク(杉浦弘子監督&平林猛プロデューサー)
16:30 第2回上映開始/17:35終了
(上映65分)
語り:大久保鷹
監督:杉浦弘子
プロデューサー:平林 猛/藤山顕一郎
制作:ドキュメンタリー映画『棘」製作委員会
上映協力金1000円
事前チケット 800円
(問い合わせは下記にご連絡下さい)
主催:「棘」上映東京北部実行委員会
東京都豊島区西池袋5-13-10ハイマート西池袋603号(東京北部ユニオン)
TEL:03-6914-0487 Email:tokyohokubu-union@yahoo.co.jp

○「棘」予告編より
https://www.youtube.com/watch?v=VAqawJ3X9hY
奄美群島 徳之島。琉球王朝や薩摩藩の圧政に苦しんだ島。しかしその圧政にも耐え抜いて生きてきた人々。その反骨の島に生まれたのが、関西地区生コン支部執行委員長武建一である。生コンクリートの産業別労働組合を立ち上げ、大手セメント会社やゼネコンから労働者を守っている。現在77歳。度重なる弾圧のなか、昨年不当逮捕され、現在も勾留中である。半世紀近く闘いを続けているその反骨の魂はどこから来るのか・・・人間 武建一を描いたドキュメンタリー映画「『棘」ひとの痛みは己の痛み。武建一」
全国各地で上映会を実施中。
○「棘」上映会ホームページより
https://niraikanai-jyuku.jimdofree.com/①ドキュメンタリー映画-棘/
誰でも生まれながらにして「正」や「義」や「疑問」の心を持ちあわせてきたはずだ。しかし歳を重ねていくと、いつしか忘れてしまう。まるで「棘」が抜け落ちるように。その「棘」を77歳になった今でも持ち続けている男がいる。全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部執行委員長、武建一である。
でも、こんな世の中、こんな男がいてもいい。徳之島生まれの一人の男、武建一の半生を描いたヒューマンドキュメンタリー。
その男は、19歳の時に島を出る。
大阪生コンクリート会社のミキサー車の運転手として睡眠時間2時間という過酷な環境の中で「故郷に錦を飾る」べく働いた。
しかし、ある日、仲間が突然解雇となる。
その男は、会社に抗議をした。
「俺の仲間を明日から来るなとは、なんねん!」と。
そこから、男の人生は激変する・・・・・。
労働者を守ろうと労働組合を作り、奔走。そしてはや55年が過ぎた。
しかし労働環境の改善、賃金の値上げ交渉・・・・労働者のため、中小企業のため、交渉すればするほど、親会社や仕入れ先の大手セメント会社や建設を請け負うゼネコンからは嫌われる。
組合やその男に対する弾圧は厳しいものがある。そんな中でも屈せず、身を挺して闘っている。
いったいその不屈の精神はどこからくるのだろうか・・・。 Photo_20200309231901Photo_20200309231902

2020年3月 3日 (火)

第9回江古田映画祭 3.11福島を忘れない開催中

第9回江古田映画祭 3.11福島を忘れない
2020 2/29(土)~3/13(木)13日間 は開催中です。
毎日、次のような挨拶で始めています。
きょうは、コロナウイルス騒ぎのなか、ようこそお越しくださいました。
ほとんどのイベントが中止になるなか、私ども江古田映画祭では、おとといも対策の集まりを持ち、さまざまな議論を経て、実施する判断をいたしました。
このギャラリーにお入りいただく前の手の消毒、飛沫感染を防ぐためのマスクの着用、ときどきの換気などをしながら、感染のリスクを下げる努力をしてまいります。
しかし、残念ながら、リスクはゼロになるわけではありません。
そこで、お願いがございます。
長時間にわたる上映のため、会場で何か口に入れられることは構いません。
しかし、その際、手から口にウイルスが入る可能性があります。
なにか召し上がるときは、その前に必ず、手の指にアルコールを、もみこむように行き渡らせてください。
おしゃべりをしないで召し上がってください。
ゲストとの握手はありません。
体調がすぐれないときは、かならず申し出てください。
感染をさせないし、感染しない。
みなさんのご協力で、最後まで、江古田映画祭をやり遂げたいとおもいます。
どうぞよろしくお願いいたします。

東電福島第1原発事故から9年、「福島を忘れてはいけない」という思いは強まる一方です。今年は、高校生監督や原子力資料情報室の方たちとのトークも行います。ヒロシマ・関東大震災時の朝鮮人虐殺など、いのちが脅かされる歴史を見つめた作品も用意しました。どうぞお越し下さい。            江古田映画祭実行委員会代表 永田浩三

武蔵大学会場 練馬区豊玉上1-26-1 1号館地下シアター教室はギャラリー古藤に変更しました。
   
2/29(土) 12:00~オープニングイベント 
上映作品 ■福島は語る(完全版330分)トーク土井敏邦 ライブ 李政美 予約不要 参加費2000円www.doi-toshikuni.net/j/fukushima/

3/7 (土) 上映作品■日本一大きいやかんの話 トーク 矢座孟之進・西尾漠 ■東電刑事裁判 不当判決 予約不要 参加費1000円https://www.youtube.com/watch?v=hni9ZQryPjg

会場 ギャラリー古藤 ふるとう 3/1(日)~3/12(木)
東京都練馬区栄町9-16 
江古田駅南口から徒歩6分
武蔵大学正門斜め向かい
http://furuto.info/

映画1本につき
大人 予約1,000円・当日1,200円
大学生・ハンディのある方800円 
高校生以下無料 
チケット3枚つづり 2,700円 
トークがある場合も上記料金に
含まれますが、トークのみは500円
 
武蔵大学永田ゼミ制作作品は500円
予約優先入場各回40名定員制
予約すると
200円割引
大震災からの避難者は無料。受付で伝えて下さい。
チケットは
電話・メールでの
予約をお願いします。
電 話 03-3948-5328
メールアドレス
fwge7555@mb.infoweb.ne.jp

ホームページは「ギャラリー古
藤」で検索 http://furuto.info

江古田映画祭facebookページ https://www.facebook.com/ekodaeigasai/?ref=bookmarks
「江古田映画祭」で検索
上映スケジュール *2月29日(土)、3月7日(土)の会場は武蔵大学でしたが、ギャラリー古藤に変更しました。
2/29土 福島は語る(完全版) 13:15~330分 19:30~映画監督 土井敏邦 12:00~オープニングイベント 12:15~李政美コンサート

3/1 日 はだしのゲン 13:00~107分 14:45~ 被爆者の声をうけつぐ会代表 有原誠治https://www.youtube.com/watch?v=2NJ8GquD1pQ
 ニッポニアニッポンフクシマ狂詩曲 17:00~113分https://eiga.com/movie/90745/video/

3/2 月 武蔵大学永田ゼミ4作品 13:00~95分 14:50~武蔵大学生・永田浩三
払い下げられた朝鮮人 17:00~53分 www.entermeitele.net/roadshow/sakuhin/?id=67955
お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました http://michiro-oiaw.jp/
19:00~102分

3/3 火 払い下げられた朝鮮人 13:00~53分 14:10~映画監督 呉 充功 
福島は語る(短縮版) 17:00~170分

3/4 水 ニッポニア ニッポン フクシマ狂詩曲 13:00~113分 15:10~映画監督 才谷 遼 藍色少年少女 https://twitter.com/aiirocinema?lang=ja
17:00~130分

3/5 木 お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました 14:30~102分(トーク後) 13:00~(トーク後に上映) 遠藤ミチロウマネージャー 伊東玲育 核兵器の終わりの始まり 17:00~56分 https://www.youtube.com/watch?v=OKOo7xm-YEs
はだしのゲン 19:00~107分

3/6 金 キクとイサム 13:00~117分https://ja.wikipedia.org/wiki/
 15:15~主演女優 高橋エミ 日本一大きいやかんの話 17:00~50分 ニッポニア ニッポン フクシマ狂詩曲 19:00~113分

3/7 土 日本一大きいやかんの話 13:00~50分 14:10~ 映画監督 矢座孟之進
原子力資料情報室共同代表 西尾 漠 東電刑事裁判 不当判決 16:30~33分

3/8 日 相馬高校放送局「今伝えたいこと(仮)」を中心に 13:00~86分 14:40~ 相馬クロニクル主宰・元相馬高校放送局顧問 渡部義弘 日本一大きいやかんの話 16:30~50分  失われた春 シイタケの教え 18:30~128分https://www.tokyo-np.co.jp/article/metropolitan/list/201909/CK2019090702000170.html

3/9 月 失われた春 シイタケの教え 13:00~128分 15:20~ 映画監督 田嶋雅己 
お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました 17:10~102分  キクとイサム 19:30~117分

3/10 火 藍色少年少女13:00~130分 15:30~映画プロデューサー 柳田ありす
失われた春 シイタケの教え 17:00~128分 3.11日常 19:30~75分

3/11 水 3.11日常 13:00~75分http://www.311everydayliving.com/
14:30~ 映画監督 わたなべりんたろう 
はだしのゲン 16:00~107分 藍色少年少女 19:00~130分

3/12 木 核兵器の終わりの始まり 13:00~56分 14:15~ ICAN国際運営委員 川崎哲  キクとイサム 16:00~117分

*トークの講師は変更の可能性があります。変更があった場合は江古田映画祭facebook
ページでお知らせします。
Img_0097Img_0143Img_0162Img_0188Img_0222Img_0236Img_0296
ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけますように、練馬区情報をクリックしてくださるようお願いいたします。 ↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中野区情報へ
にほんブログ村


美術館・ギャラリー ブログランキングへ


« 2020年2月 | トップページ

無料ブログはココログ

twitter

  • twitter
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ